【GMOコイン】ロスカットの計算方法/証拠金維持率75%/アラート設定まとめ

GMOコインのロスカット GMOコイン
この記事は約11分で読めます。

GMOコインを使用しようと思っても、やはり知っておきたいのは『ロスカット』のことですね。

結論から言えば、GMOコインのロスカットは、FXのみにあり現物取引にはありません。

しかし、仮想通貨FXのことを知りたくて訪れたと思いますので、本記事でGMOコインのロスカットについて徹底解説致します。

ロスカットされない為の大切な要素も後半に記載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

GMOコインのFXのロスカットはいくらから?

GMOコインのロスカット

GMOコインのFXのロスカットは、証拠金維持率が75%を下回ると強制的に決済されます。

お口座の証拠金維持率が75%を下回ると、保有建玉が強制的に決済されるという自動ロスカットが行われます。

当社のシステムは、各お客様の証拠金維持率を巡回しながら監視しており、また、ロスカットの執行には、ある程度の時間を要するため、お客様の証拠金維持率が上記の数値を下回ったとしても、必ずしも直ちにお客様の建玉が決済されるわけではありません。

したがって、相場が急激に変動した場合には、証拠金の額を上回る損失が生じることがあります。

証拠金の額を上回る損失が生じた場合には、その超過額をお支払いただきます。

引用:GMOコイン

証拠金維持率は、ビットレ君ですと

ホーム

余力確認

で上部に表示されている『証拠金維持率』で確認できます。

GMOコイン

ちなみにですが、ビットレ君でのレバレッジは、7/31(水)15時~レバレッジ5倍(10倍)から4倍に変更になりますので、これからGMOコインを使用してレバレッジ取引をしようとしている人は注意しましょう。

【ご注意】2019/07/31(水)15時までに証拠金をご確認ください

※レバレッジ4倍化に伴うご注意事項

・証拠金が再計算されるため、追加の証拠金が拘束されます。

・上記の数字がマイナス(赤色)で表示されている場合、レバレッジ4倍への変更後に、建玉がロスカットされるおそれがあります。

・追加のご入金、建玉の決済・ご注文の取消など必要に応じてご対応いただきますようお願い申し上げます。

・表示されている金額は、本ページの表示時点で計算された金額です。必要な証拠金額は常に変動いたしますので、お客様の責任において最新の情報をご確認ください。

・ロスカットの結果、預かり金がマイナスになった場合、不足金をご入金いただきます。 また不足金が解消されない状態が継続した場合、お取引を停止させていただく場合がございます。

引用:GMOコイン

レバレッジ取引についての詳しい説明は、GMOコインが公表しているこちらのニュースをご覧ください。

【重要】7月31日 レバレッジ変更時の保有建玉の取り扱いに関するご案内

GMOコインでロスカットされた場合の手数料

GMOコインの手数料

ロスカットされるのが好きな人は取引所位ですが、利用者として気になるのはやはり『手数料』ですね。

GMOコインでは、取引所でのFXとビットレ君(仮想通貨FX)を使用した場合のロスカット手数料が違います。

結論から言えば、ビットレ君ではロスカット手数料は取られませんが、なんと取引所でFXをするとロスカット手数料が取られてしまいます。

 販売所取引所
(現物取引)
取引所
(レバレッジ取引)
仮想通貨FX
注文手数料無料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料無料
ロスカット手数料  建玉ごとに0.5%無料
レバレッジ手数料  建玉ごとに
0.04% / 日
建玉ごとに
0.04% / 日
現引き/現渡し手数料  建玉ごとに20% 

出典:GMOコイン

上記の表を見ても分かる通り、取引所でレバレッジ取引をする場合には、ロスカットされる毎に0.5%(10,000円なら50円)ものロスカット手数料を支払わないといけませんが、仮想通貨FX専用のビットレ君であればロスカット手数料が取られることはありません。

これはなぜかと言うと、レバレッジ率が取引所とビットレ君では違うからですね。

4倍よりも5倍の方がロスカットされる確率が高いですから、その分取引所が儲かる為です。

ですが、レバレッジ率が7/31(水)15時~変更されますから、GMOコインを利用するならビットレ君を使った方が良いですね。

ビットレ君のアプリは以下からできますが、まずはGMOコインに登録しないと利用できない為、ビットレ君をダウンロードしたい方は、GMOコインの口座開設を先にしましょう。

ビットレ君使うならまずは
\GMOコインの無料口座開設が必須/

 

GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMO Coin, Inc.無料posted withアプリーチ

GMOコインの口座開設の手順やビットレ君について以下の記事に詳細をまとめていますので、手順などがわからない人は参考にしてくださいね。

GMOコインの口座開設(登録)は最短1日で完了!手順画像付きプロセスガイド

GMOコインの証拠金維持率とは

GMOコインの証拠金維持率

証拠金維持率とは、自分自身の保有している日本円と現在保有している(FX内で)仮想通貨のに対する必要証拠金のことです。

証拠金維持率とは、時価評価総額に対する必要証拠金の割合のことです。

証拠金維持率 = 時価評価総額/必要証拠金

証拠金維持率をご確認いただくことで、ロスカットのリスク状況を把握することが可能です。現在の証拠金維持率は、ログイン後の会員ページ -【仮想通貨FX】-【新規注文】画面よりご確認いただけます。

引用:GMOコイン

GMOコインのWeb版でも確認できますし、『ビットレ君』でも同様に確認できます。

下記はWeb版のGMOコインです。

GMOコイン

GMOコインのレバレッジのロスカットの計算方法

GMOコインのロスカットの計算方法

GMOコインでは、レバレッジのロスカットの計算は、自動で計算してくれますから、わざわざ電卓などを使って計算する必要はありませんが、気になる人は計算したくなるものですね。

GMOコインの公式サイトには、ロスカットの計算方法が記載されています。

Q.取引所(レバレッジ取引)でのロスカットの仕組みを教えてください

A.取引所(レバレッジ取引)では、各建玉に対してロスカットレートが設定され、建玉単位でロスカットが行われる仕組みが採用されています。

ご注文が約定すると、下記の計算方法で各建玉に対してロスカットレートが自動的に設定されます。

  • 買建:ロスカットレート = 建玉レート – (1取引単位あたりの必要証拠金 x 50%)
  • 売建:ロスカットレート = 建玉レート + (1取引単位あたりの必要証拠金 x 50%)

例)建玉レートが100万円の際に、自動的に設定されるロスカットレートは以下の通りです。

  • 買建:100万円 – (25万円 × 50%) = 87万5,000円
  • 売建:100万円 + (25万円 × 50%) = 112万5,000円

各建玉ごとに、建玉レートと必要証拠金を元にロスカットレートが計算されます。

引用:GMOコイン

GMOコインのロスカットアラートの設定方法

GMOコイン

ロスカットアラートとは、そもそも必要証拠金が100%を下回った場合に、GMOコインからメールでお知らせしてくれるサービスです。

価格変動の激しい仮想通貨市場では、チャートが見れない時、予想とは逆の動きに大きく変動した場合、ストップロスをかけていないとロスカットされる可能性があります。

ですから、ロスカットアラートがあると非常に便利ですが、残念ながらロスカットアラートはメールを登録した時点で自動的に通知が来るようになっています。

Q.ロスカットアラートについて教えてください

A.ロスカットアラートとは、仮想通貨FXにおける証拠金維持率が100%を下回る段階で、お客様の証拠金維持率がロスカット水準に近付いていることをメールにてお知らせする機能です。

ロスカットアラートが通知されると、相場の急変等により証拠金維持率が75%を下回り、ロスカットが行なわれる可能性がございますので、建玉の決済や証拠金の追加入金等、お客様ご自身で早期にご対応いただきますようお願いいたします。

引用:GMOコイン

もしロスカットアラートの通知があまりにも来て鬱陶しい場合には、登録したメールアドレスで『通知をOFF』に入れることで、通知が来なくなります。

下記は、Gmailを例にした場合ですので参考にしてみてくださいね。

GMOコインのロスカットアラート

GMOコインの現物取引にはロスカットはあるの?

GMOコイン

GMOコインの現物取引にはロスカットはありません。

そもそも、現物取引とは仮想通貨を保有することになる為、購入した仮想通貨の価格がいくら下がろうとも、保有している仮想通貨の枚数が無くなることはありません。

Q.「販売所」と「仮想通貨FX」の違いを教えてください

A.販売所は、日本円を仮想通貨に交換していただく取引で、仮想通貨FXは日本円を証拠金にして、売買のレートの差額のみを受け渡しする差金決済取引です。詳細は次の通りになります。

販売所では、販売所の購入及び売却をしていただくと、取引とともに受け渡しが行われるため、現物取引(スポット取引)に当たります。

ご購入・売却いただいた後、売買代金は即時にお口座残高に反映させていただきます。ご購入・売却によりお口座残高に反映されるビットコイン・日本円も、即時にご送付・ご出金いただけます。

引用:GMOコイン

逆に仮想通貨FXのように、信用取引で仮想通貨を購入する場合には、仮想通貨を保有している訳ではないので、必要証拠金を下回った時点でロスカットされます。

仮想通貨FXでは、いくらレバレッジを低く設定していても、焼かれる(ロスカットされる)ことはありますので、保有している仮想通貨の価格が下がっても、保有する枚数を減らしたくない人は現物取引の方がおすすめです。

むしろ、仮想通貨FXは本当に過剰資金がある時にするのがおすすめです。

GMOコインでロスカットされない為に

GMOコインのロスカット

仮想通貨FXはせずに現物取引を行う

そもそもロスカットされる対象は仮想通貨FXのみですから、FXに手を出さなければロスカットされる心配がありません。

もちろん、現物取引でも購入した時点での仮想通貨の価格が下がれば、資産が減ることになりますが、保有している仮想通貨の枚数が無くなることはありません。

しかし、仮想通貨FXですと、必要証拠金を下回った時点でロスカットされ、枚数どころか現金も無くなることになりますので、仮想通貨FXに自信が無い人や、中々チャートが見れない人は現物取引をするのがおすすめです。

資金管理を徹底する

例えば、資金が100,000円あったとします。

ビットコインの価格が1枚1,000,000円だったとします。

現物取引ですと、約0.1BTC購入でき、レバレッジ5倍の仮想通貨FXで購入すると、0.5BTC保有できることになります。

ある時、ビットコインの価格が1枚900,000円まで下落したとします。

現物取引の場合は、仮想通貨を現物で保有している為、損失が10,000円ですが、レバレッジ5倍ですと、損失が50,000円となり、現金が50,000円にまで減ってしまいます。

ですから、資金管理は徹底することが大切です。

YouTubeなどで『FX 資金管理』と検索すると、色々なトレーダーの方が資金管理の大切さを公表されているので参考にしてみて下さいね。

損切を徹底する

FXにおいて『損切』はとにかく重要です。

様々なトレーダーさんが大金を稼いでおられるのは、『損切ライン』を徹底しているからと言っても良いでしょう。

もちろん、私も仮想通貨FXで勝てるようになったのはこの『損切」を徹底したからです。

確かに損切をするというのは、勇気が必要です。

しかし、いざ損切をしようとした時に

  • 『もしかして価格が戻ってくるのではないか?』
  • 『まだ大丈夫。』

などと思っているとあっという間にロスカットされます。

とはいえ、『ルールが大事!』と言っても初心者の場合ルールが分かりません。

私も『ルールが大事』と頭で思っていても、いざ含み損を抱えているとルールを無視したトレードをして、結果的にロスカットされる。

なんてことざらにありました。

しかし、YouTuberの『メンタリスト投資家Sai』さんが動画にされていた『トレードルールを確実に守れる裏技&ダイエットの科学的な成功秘術とマル秘テクニックカリギュラ効果と心理的リアクタンス』を見てから、損切が怖くなくなり、勝てるようになりました。

上記の動画では、メンタリスト投資家Saiさんが分かりやすく解説されていますが、要は、

『損切をしなかったらどんなデメリットが訪れるのか』

ということです。

文章で説明するよりも、動画をご覧になられた方が確実に分かると思いますのでご覧ください。

すぐに取り返そうとしない

負ける時は負けます。

負けると言っても、ロスカットという意味ではなく、損切を含めて負けるということですが、FXで負けるとつい取り返そうと思って、感覚を開けずにエントリーをし、負けるという悪循環に陥ります。

確かに『損を取り返したい!』という気持ちはとても分かります。

しかし、この『損を早く取り返したい!』と思って、すかさずエントリーをすると、その日の損が大きくなる可能性があります。

ですので、損をした日は一度寝る。あるいはチャートから離れるなどして、頭をリセットさせましょう。

下記の記事では会社員におすすめの『デイトレード』について紹介していますので、参考にしてください。

GMOコインでデイトレードするならアプリ『ビットレ君』がお勧め!

GMOコインのロスカットまとめ

GMOコインのロスカットの計算方法やロスカットアラートについて紹介しましたが、GMOコインでのロスカットに限らず、FXをする上でいかにロスカットされないということはとても大切なことです。

ロスカットばかりされていると、資金が底を付き、結果的に市場から退場(資金が尽きる)しなければならないという状況になります。

そうなると、悔しいばかりではなく、大切なお金も減ることになります。

ですので、GMOコインに限らず、仮想通貨FXをする際には、慎重かつ大胆にトレードをしていきましょう。