GMOコインでデイトレードするならアプリ『ビットレ君』がお勧め!

GMOコインでデイトレード GMOコイン
この記事は約11分で読めます。

結論から言えばGMOコインでデイトレードをするなら、仮想通貨FXアプリの『ビットレ君』を使用して取引をするのがおすすめです。

しかし、GMOコインでデイトレードしたい!と思っても、あまりデイトレードのことを分かっていないあなたには、デイトレードをする上での注意点やGMOコインを利用するメリット、そしてなぜスマホアプリ『ビットレ君』がおすすめなのかを知ってほしいところです。

本記事では、必勝法も踏まえて、GMOコインのシステムについても紹介します。

『儲かるかどうか』という質問には答えられませんが、実際に時間数を厳守して行うのであれば、デイトレードが向いているのは言うまでもありませんから、ぜひ参考にして下さいね。

GMOコインでデイトレードをするメリット

GMOコインでデイトレード

GMOコインでデイトレードをする仕組みは、その仮想通貨会社の性格を通して、ユーザーが採用しなくてはなりません。

つまり、自分自身に合ったシステムを利用するところから、仮想通貨の入り口があるのです。

これは仮想通貨自体が問題としている、儲かるか、儲からないかという時点ではなく、実際は安全に取引をしていくための有益な利用法なのです。

まずはGMOコインで儲かるかどうか

GMO以外の取引システムも多く存在しています。

GMOコインではメジャーなコインをターゲットとしていますので、リアルタイムにコインを導入できます。

ですが、その利用性の反面、確かに損をする人たちはいるのです。

ここでは儲かるかという基準で考えるより、

一般生活に支障がないか。

という問題で考えましょう。

基本的にデイトレードは本業があって働いている人たち向けなのです。

デイトレードの手法に

デイトレードの手法として、その作業性の短期制があります。

これは長期的な視野に立ったホールド(いわゆるガチホ)という手法より短期です。

そして時間を分数に限ったような短期的なトレード(スキャルピング)より長期になります。

つまりデイトレードでは中期的な視野の取引手法になります。

ですので、職場の休憩時間に少し見ているだけ、そして家に帰ってから、夕飯を作る前にといった、ちょっとだけみて確認する程度の手法になります。

つまり生活になじんだ取引手法になります。

GMOコインはセキュリティ性が高い

メリットを上げると、確かにそれで利益が出そうな情報は各取引システムにあります。

ですがそれは誘惑かもしれないのです。

ですので基本的に安全な取引を心がけるようにしましょう。

それは大損を叩き出さないためのシステムが揃っているかという比較的控えめな表現に返させていただきます。

つまりGMOコインのセキュリティ性が高いことはアクシデント回避の仕組みはメリットと言えます。

デイトレードを安全に

デイトレードを安全に行うために、GMOコインではアラート機能を設置しています。

アラート機能は、証拠金維持率が100%を切った時にメールにて自動的にお知らせしてくれる大変便利な機能です。

メールの通知をスマホ画面に表示できるように設定しておけば、仕事中でも確認することができる為、万が一の事態に備えることができます。

これを良心的なシステムと呼ぶべきでしょう。

GMOコインでデイトレードをする際の注意点

GMOコインでデイトレード

GMOコインで注意しなくてはならないのは、ユーザーの資金を完全に守ってくれると過信しないことです。

これは過信のあまり信じすぎて、自分の取引の注意点をないがしろにすることになります。

ですので、自分自身での責任としてデイトレードを行ってください。

これを守れないと、デイトレードの一日をすっぽかして、判断を誤ることになりかねません。

GMOコインで深入りしない

GMOコインで金額を投入し続けて、結果的に乱高下の際にロスカット損を出してしまったでは元も子もありません。

これはあまり多く投入したとして、ロスカット値が100%に近い状態でも、金額に換算すると大きな損を叩きだすことになるのです。

ですので、ロスカットを含んだ上で、事前に売り抜けて全額を投入しないことが肝要になります。

仮想通貨FXをする際には、全額資金を投入するのではなくて、資金の25%~最大50%位がベストです。

FXの世界では勝率よりも長く市場に生き抜いていくことが大切です。

 

コインの総数で関与しない

FX取引をする際には『コイン総数』という考え方があります。

コイン総数の考え方とは、資金を投入した際にどれくらいのコインの枚数を保有できるのかという考え方です。

例えば、10万円を投入するとします。

ビットコインが100万円の時に、10万円を投入すると、0.1BTC保有することができますが、リップルが50円の時に10万円を投資すると、2000XRP保有することができます。

コイン総数で比較した際、明らかにリップルの方が枚数多いですが、パーセンテージで値動きする利益幅あるいは損失幅は同じです。

ですので重ねて取引をしすぎていると証拠金率が次第に下がっていくのです。

デイトレードではその動きに一日のちょっとした時間を割り当てますので、一日の変動幅の枠を証拠金率の高さでキープします。

つまり、担保と為る証拠金率を上げておけば、デイトレード向きなのです。

そしてその動きに一喜一憂しなくて済みます。

結果的に計算

結果的に計算するというのは、一日の動きとして損切りをする一日もあっていいのです。

これはデイトレードの手法ですが、デイトレードにはまり込んでいるというのはおかしいことです。

つまり、デイトレードはそもそも論で、それほどの画面確認をする必要はないので、月あたりの計算で損なのか益なのかを判断してください。

明日のことはわかりません。

大切なことは、月当たりで利益が出ているか出ていないかを判断することです。

危ない橋を渡らない

危ない橋を渡らないという技術があります。

これは過信のあまり盲信となってしまう危険な状態を避けるのです。

つまりファンダ的な要因というのは公開されない仕組みになっていることをわきまえましょう。

ほんとに知っている人は自分だけの利益を考えて人に言いません。

相場の読みが難しい時にはトレードしない

私自身もそうですが、相場分析をした際に先行きが読めない時にはポジションを持ちません。

初心者からすると、勝っているトレーダーはいつもポジションを持っていると勘違いする人もいますが、勝っているトレーダーこそ、難しい相場でトレードを行いません。

ですから、デイトレードをする際にも、相場が分からない状態の時には無理にトレードをする必要はないのです。

むしろ、無理にトレードをすると損失が大きくなるだけで、結果的に利益には繋がりません。

1日以上トレードをしない日があっても大丈夫です。

大切なのは、自分自身が勝てるポイントでポジションを持つことです。

GMOコインでのデイトレードのやり方

GMOコインでデイトレード

さて、GMOコインではそのシステムとしてデイトレードのやり方に即しています。

よく取引システムの画面の確認するあまり、自らの本業すら不安定というかたちになると、一般的に言って意味がありません。

証拠金率を上げるためには、緊急時に金額を投入する手法が必要なのです。

ですので上がった金額をなにかに使用するとはしても、担保と為る蓄えは持っていなくてはなりません。

そのためにちゃんとはたらいておくことは重要です。

この担保と為るものを蓄えるために、仕事をしながらという意であれば、誰も文句は言わないでしょう。

つまり、デイトレードの本質はのめり込んでいるようなタイプではなく、片手間で、毎日の一定の時間を眺めているだけの手法です。

そしてその一日の短時間に売り買いを連発することも控えましょう。

かならず動くという向きを確認して、売り買いを行ったら、次の日にまた見ておけばよいのです。

ですのでGMOコインでは一日の成果を確認することを忘れないでください。

今日の損切りは一週間以内に回収すればよいのです。

そしてロスカットを起こさないように注意してください。

もしアラートが休憩時間外に来ていたら、それは証拠金率であらかじめガードをしておけば良かった話です。

逆に証拠金率が下がってくるのであれば、デイトレードではそれを上げるために損切りを行います。

生活と本業の仕事を大事にするのです。

GMOコインでデイトレをするなら『ビットレ君』がおすすめ

GMOコインのビットレ君

ビットレ君がGMOコインの中でもおすすめな理由は、その快適な画面確認ができるという点です。

これはビットレ君がWebではなくてアプリで開発されているからです。

そしてタッチ感もしっかりしたスマートフォンでは優秀になります。

ただし古すぎるスマホ系では、対応していませんので注意しましょう。

デイトレードでPC画面を見ないのであれば、スマホで確認するための良いツールとして利用します。

デイトレードでは時短や判断は良好とはされません。

ビットレ君で主要銘柄を確認できる

ビットレ君に対応している仮想通貨は、GMOコインのWeb版と同様、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン

の全5銘柄に対応しています。

GMOコインのビットレ君

各銘柄に瞬時に切り替えが可能ですので、1銘柄に限らず複数の銘柄でデイトレードをしたい人におすすめですね。

ビットレ君のアプリはチャート分析が容易

GMOコインのビットレ君

上記の画像は4時間足のビットレ君の画面です。

スマホを横にした画面ですが、正直かなり見やすいです。

さらに、必要最低限のインジケーターやテクニカル分析も設定できます。

まずはチャートエリアに設定できるインジケーター。

  • 単純移動平均線
  • 指数平滑移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • 平均足

上記を5つを設定できます。

GMOコインのビットレ君

次にテクニカル分析で使用できるインジケーターです。

こちらも下記の5つを設定できます。

  • MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • ストキャスティクス
  • RCI

GMOコインのビットレ君

私自身は、

  • 移動平均線
  • RSI
  • MACD

の計3つを使用してチャート分析を行っていますが、パソコンが使用できない状況でも、スマホ一台でチャート分析ができる為、重宝しています。

出先でも確認できることから、デイトレードをするならGMOコインのビットレ君はぜひおすすめしたい仮想通貨FXアプリですね。

また、チャート分析をする上で重要な『ライン』もチャート画面に引くことができます。

ですから、デイトレードをするならビットレ君がおすすめですね。

GMOコインのビットレ君には『成行注文』や『指値注文』『逆指値注文』など、デイトレードをする際に重要な注文方法もあります。

ただ注意点が1つだけあり、ビットレ君を使用する為には、GMOコインで口座開設をする必要がありますので、まだGMOコインで口座開設をしていない人は、まずGMOコインで口座開設をしましょう。

GMOコインの口座開設はこちらから

GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMO Coin, Inc.無料posted withアプリーチ

 

GMOコインでデイトレードする際の必勝法

GMOコインでデイトレード

損切ラインは徹底しよう!

GMOコインだけでなくでデイトレードをする際の、必勝法というものがあります。

その必勝法とは、第一に損切りラインを事前に自分で考慮しておくことになります。

これは安全取引の手法ですが、乱高下するまでもなく、少々の動きに依っても、もしかしてと事前に意識を高めておきます。

つまり事故るかもしれないという意識で運転するのと同じです。

ですので、もし自己があったらこのくらいはハンドルを切ろうというイメージでやっていきます。

何かが起こって、深みにハマっているとしたら、ブレーキもハンドルも切らなかった愚かさとなってしまいます。

ですので、安全なように証拠金率が下がるかもしれないという意識で構えます。

そのときに証拠金率が、デイトレードでは一日以外の動きをしてしまうかもしれない範囲内でキープします。

わかりやすく言うと、一日の範囲を予め概算で出しておいて、証拠金率をベースに過不足分を計算しておく手法です。

全額投資は辞めよう!

そして無駄に金額を投入しないようにします。

この安全ドライブのような技術が、事故を起こさない取引と言われます。

つまりゴールド免許であれば良いのです。

その取引技術とはロングトレードをする駒を比較的安全にできるように証拠金率でカバーします。

そしてミドルトレードをするデイトレードの手法に於いては、一日の確認時間の間に、どのくらいで損切りすれば安全かと確認します。

それらの動きが反転して、自分に好転していっていると感じれば、即取引をします。

これによって、一日の集計を一週間あたり、月あたりでどのくらい益で出したかを計算します。

ただし、一ヶ月に強制ロスカットを味わってしまうと、デイトレードの少ない利益でも持ちませんので、集計データを自分で確認するようにします。

GMOコインのデイトレードのまとめ

GMOコインのデイトレードでは、証拠金維持率が100%を下回った場合に通知してくれるアラート機能を設定できますが、良し悪しあります。

もし、本業に差し支えるようであれば、通知を受け取らないのも考えておきましょう。

つまり、デイトレードではのめり込まない手法と考えてください。

客観的に言って入れすぎるとそのまま含み損が膨らみ、結果的にロスカットでも多大な損失になります。

ですのでロングドライブとミドルドライブに投入している金額に差をつけるのです。

長期的に見えるところは、ある程度の概算で目方がつくのですから。

証拠金率を高いままキープしていれば、一日単位の取引で日割りで計算することが可能です。

GMOコインにはアラートの仕組みは揃っていますが、これは万が一という段階で受け取ります。