GMOコインの口座開設(登録)は日数最短1日で完了!手順画像付きプロセスガイド

GMOコイン GMOコイン
この記事は約19分で読めます。

GMOコインと言えば、大手企業であるGMOグループが運営する国内仮想通貨取引所ですね。

投資関連に強いGMOグループですから、顧客のことがよく分かっているみたいで、口座開設が最短1日で完了でき、口座開設が完了した直後すぐに仮想通貨取引をすることが可能です。

一見面倒くさそうに見える口座開設ですが、簡単な入力でGMOコインの口座開設はできます。

ですが、20歳未満の未成年や日本国内にお住まいで無い人はGMOコインでの口座開設はできないので注意しましょう。

逆に今すぐにGMOコインの口座開設をしたい!という人は、下記のボタンから口座開設を進めて下さいね。

それではGMOコインの口座開設の手順を全写真付きで分かりやすく説明しますから、もし口座開設をしている途中に「これなんだろう?」と思った時に参考にして下さいね。

今なら口座開設するだけで20,000satoshiもらえる!
GMOコインの無料口座開設はこちら

GMOコインで口座開設するまでの流れと手順

GMOコイン

GMOコインの公式サイトにアクセスする

GMOコインで口座開設するには、まずGMOコインの公式サイトに行く必要があります。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの口座開設の手順

GMOコインの公式サイトにアクセスした後に、上部に記載されている『かんたん無料 口座開設はこちら』をクリックします。

GMOコインの口座開設の手順

メールアドレスを登録する

クリックし、登録画面が表示されると、『メールアドレス』を入力する画面に表示されますので、登録するメールアドレスを入力し、『私はロボットではありません』に☑を入れます。

その後『無料口座開設』をクリックします。

GMOコインの口座開設の手順

『無料口座開設』をクリックすると、登録したメールアドレスに『認証メールを送信しました』と表示されます。

GMOコインの口座開設の手順

登録したメールアドレスのフォルダー内にパスワードを設定する為のURLが表示されていますので、そのURLをクリックし、パスワード設定画面に映ります。

GMOコインの口座開設の手順

パスワードを登録する

メール内のURLをクリックしたらパスワードを設定していきます。

パスワードの例は、『abcd1234』でも登録することができますが、パスワードのセキュリティ性が弱いですので、

  • 大文字
  • 小文字
  • 数字

を組み合わせたパスワードを設定することをおすすめします。

同じパスワード↓の項目にも入力し、『設定をする』をクリックします。

GMOコイン

その後『パスワードの設定が完了しました』と表示されますので、『ログイン画面へ』をクリックします。

GMOコインの口座開設の手順

『ログイン画面へ』をクリックした後、実際にログイン画面が表示されますので、

  • 登録したメールアドレス
  • 登録したパスワード

を入力し、GMOコインにログインします。

GMOコイン

電話番号の登録をする

ログインした後すぐにGMOコインの公式ページが表示されると思いきや、『先に電話番号による』を行う必要があります。

自分自身の携帯番号の電話番号を入力し、『コードを送信する』をクリックします。

GMOコインの口座開設の手順

入力した携帯番号に間違いがないかの確認画面が表示されますので、間違っていなければ『コードを送信する』をクリックします。

GMOコインの口座開設の手順

『コードを送信する』をクリックした後、入力した携帯電話に『数字コード6桁』が受信されます。

コード6桁を2段階認証コードの入力画面に入力し、『認証する』をクリックします。

GMOコインの口座開設の手順

『認証する』をクリックすると、『認証が完了しました』と表示されますので、これでGMOコインの簡単口座開設が完了します。

簡単口座開設が完了すると、仮想通貨取引はできませんが、チャートを見ることだけは可能ですので覚えておきましょう。

GMOコインの口座開設

 

しかし、簡単口座開設だけでは20,000Satoshi分のビットコインはプレゼントされない為、口座開設を完了させる必要があります。

とはいえ、GMOコインの口座開設は他の国内取引所と比較しても、簡単に登録できますので、ササっと口座開設していきましょう。

GMOコイン口座開設の申込をする

先述した画面で、『開設申込へ進む』をクリックすると、下記の『口座開設申込』画面が表示されます。

GMOコインの口座開設の手順

全て日本語表記されていますので、説明する必要はないかと思いますが、あえてご説明すると、口座開設に必要な情報は以下です。

  • 名前
  • 姓(ふりがな)
  • 名前(ふりがな)
  • 生年月日(例:19861111)
  • 性別(男性or女性)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号(入力必要無)
  • 取引を行う目的
  • 職種
  • 国籍(日本or米国orその他)
  • 米国納税義務者(該当するかしないか)
  • 外国の重要な公人(該当するかしないか)
  • キャンペーンやコラム情報(希望するかしないか)→毎日5通位GMO関連のメールが来ます。
  • 規約への同意(同意するかしないか)

上記の項目を全て入力または、☑するで『確認画面へ』が青く光り、次の画面が表示されます。

次の画面では、『お取引に関する情報』を入力していきます。

以下の項目は選択型になっていますので、自分自身に合う項目を選択していきましょう。

  • 仮想通貨の内部者または重要情報保持者(該当するかしないか)
  • 主な収入源
  • 現在の年収(税込)
  • 現在の金融資産残高
  • 仮想通貨 現物取引の経験
  • 証拠金取引の経験
  • 仮想通貨の取引口座を開設する動機・経緯(仮想通貨に興味があったため、副業や副収入として、など)
  • お客様の投資に関する考え方にもっとも近いものを選択してください。(レバレッジ取引で積極的に収益を求めたい、仮想通貨の購入・売却だけしたい、など)

上記全ての項目に☑をまたは選択を入れた後、『確認画面へ』をクリックします。

GMOコイン

次に『入力内容の確認』をクリックし、『登録』をクリックします。

GMOコイン

本人確認書類を提出する

『登録』をクリックすると、本人確認書類の提出画面が表示されます。

本人確認は以下のいずれかの方法で行えます。

  • 本人確認書類の画像をアップロードする
  • 受取時に本人確認をする

随時自宅にいるのであれば、受取時に本人確認をするでも良いですが、日中仕事で外出している人であれば、『本人確認書類の画像アップロード』でサクッと終わらせるのがおすすめです。

GMOコインの口座開設の手順

私自身は『画像をアップロード』してGMOコインの口座開設を完了させましたので、『画像をアップロードして本人確認を完了させる』方向で記事を進めていきます。

本人確認書類は以下の7種類が該当します。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • その他の書類

私自身は『運転免許証』で本人確認を行いましたが、自分自身にあった本人確認書類を提出しましょう。

GMOコインの口座開設の手順

本人確認書類は、表面と裏面。

『※画像ファイルは、5MB以内のjpg/png/gifファイルをお選びください。』とも記載されていますので、注意事項をよく読んだ上で、画像をアップロードしましょう。

GMOコイン

GMOコインの本人確認に必要な画像を選択したら、『口座開設のお知らせ』のお届け時間を選択します。

GMOコイン

  • 指定なし(最短でお届け)
  • 時間替を指定する(通常1~2営業日でお届け)

上記の2種類から選択できますので、ご都合に合わせて口座開設のお知らせを受け取りましょう。

もちろん、郵便ポストに投函されますので、何が何でも直接受け取りたい!という人以外は、『指定ない(最短でお届け)が良いでしょう。

口座開設コードを入力する

さて、無事にGMOコインの口座開設の申込が完了したら、後は配達されるのを待つだけ!

GMOコインの口座開設の手順

ですが、気になるのはやはりどれくらいの日数でGMOコインの口座開設のお知らせが手元に届くのかということですね。

私の場合は口座開設申込を行った後に郵送で届くまでの日数は、なんと2日で届きました!

GMOコインの口座開設の認証コード

私がGMOコインの口座開設をしたのが、2017年12月でやや古い写真で申し訳ないですが、上記に記載されている口座開設コード6桁を入力すると、晴れてGMOコインの口座開設が完了します。

ログインすると、GMOコインの取引画面が表示されます。

GMOコインの口座開設の認証コード

無事に完了したことで、無事に20,000satoshiがプレゼントされますので、もらっておきましょう!

GMOコイン

プレゼントされたビットコインは、お客様の口座開設が完了した翌日に、GMOコイン内のお客様口座へ反映されます。

GMOコインの入金方法

GMOコインの口座開設

GMOコインの口座開設をしても、日本円を入金しなければ取引ができません。

ですので、口座開設が完了したら、日本円を入金しましょう。

日本円を入金するには、GMOコインのマイページの左側にある『入出金』の『日本円』をクリックします。(スマホも同様です。)

GMOコインの入金方法

日本円を入金する方法は

  • 即時入金
  • 振込入金

の2点があります。

即時入金はとても便利ですが、後述するインターネットバンキングしか対応していない為、地方銀行を主に利用している人は、振込入金を利用する必要があります。

ではまず、即時入金から説明します。

即時入金

GMOコインの入金方法

即時入金の方法はとても簡単であり、

対応する金融機関を選択

入金金額を入力

選択した銀行で入金手続き

完了

上記の手順でGMOコインに入金できます。

例として、『楽天銀行』で説明しますね。

上記の選択画面で、『楽天銀行』を選択します。その後入金画面が表示されますので、入金する金額を入力します。

入金金額を入力した後に『入金開始』をクリックします。

※注意点として、最低入金金額が1000円~ですので注意しましょう。

入金開始をクリックすると、次の画面が表示されます。

『楽天銀行のウェブサイトへ進む』をクリックすると、楽天銀行のウェブサイトで画面が切り替わります。

楽天銀行

楽天銀行のログイン画面が表示されますので、入金手続きを行い、GMOコインに日本円を入金しましょう。

尚、即時入金の場合は、入金受付金額に上限があります。大きな金額を入金する人は、複数回に分けて入金する必要がありますので、注意しましょう。

各銀行の入金受付金額の上限は以下の通りです。

金融機関入金の上限額 / 回
GMOあおぞらネット銀行10,000,000 円
楽天銀行10,000,000 円
住信SBIネット銀行10,000,000 円
ジャパンネット銀行10,000,000 円
三菱UFJ銀行999,999 円
三井住友銀行999,999 円
りそな銀行999,999 円
埼玉りそな銀行999,999 円

出典:GMOコイン『日本円 入出金』

入金する際には、以下の注意事項がGMOコインの即時入金の⇩に記載してありますので、こちらも確認していきましょう。

※ご本人名義ではない銀行口座からは、当社口座へご入金できません。
※毎月第3日曜日3:00~6:00、また提携金融機関の利用時間外は即時入金サービスをご利用いただけません。
※下記の銀行での即時入金をされた場合、入金額相当の仮想通貨の送付が7日間制限されます。
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行

即時入金といっても、入金手続きをした後にすぐにGMOコインのマイページに反映されるのではなく、各インターネットバンキングに応じて、反映時間が異なりますので注意しましょう。

お客様のご利用環境や即時入金の手続き状況により、入金反映に時間がかかる場合がございます。

即時入金ご利用時の注意事項

最後までお手続きを完了させる必要があります

提携金融機関の操作画面において表示される、「振込終了」、「振り込み」、「確定」等のボタンをクリック頂けない場合、即時入金が正常に反映されません。必ず、クリック頂けるようお願いいたします。また、クリック後の画面でエラーなど手続きが完了しなかった場合は、当社口座へのご入金の反映が翌営業日になる場合があります。

GMOコインの口座名義と振込人の名義が同一でない場合、入金はできません。
当社口座の名義と異なる名義の口座からはご入金いただけません。当社口座の名義と異なる名義の口座からご入金があった場合は、確認等のため、お取引を停止する場合がございますので、十分ご注意ください。

引用:GMOコイン『即時入金について』

スマホで即時入金をする人はGMOコインが提供する以下の画像を参照ください。

GMOコイン7

出典:GMOコイン

金里勝
金里勝

ちなみに、即時入金の場合は各銀行『手数料無料』です^^

振込入金

即時入金ができるインターネットバンキングを持っていない人は、『振込入金』でGMOコインに入金する必要があります。

振込入金はとても簡単であり、『振込入金』をクリックすると、GMOコインへの振込先が表示されます。

GMOコインの入金方法

振込入金先銀行口座情報は以下の通りです。

銀行名楽天
支店名法人第八
預金種別普通
口座番号2831406
振込先名ジ-エムオ-コイン(カ
振込人名ここは自分の名前が表示されます

参照:GMOコイン『振込入金』

上記の口座には必ず口座開設をしてから振込ましょう。

こちらも、下記の注意事項が記載されています。

※振込入金は、各金融機関のネットバンキング・窓口・ATM等からお振込をいただいた後に、当社にて着金確認とご入金反映のお手続きをさせていただきます。ご入金反映のスケジュールはこちら

※「振込名義人」は、お客様ご本人の氏名(カナ)をご入力ください。

お客様の氏名と異なる振込名義からのご入金があった場合、セキュリティ・資産保護の観点からお取引が停止となる場合がございます。

引用:GMOコイン『振込入金』

振込入金の場合、入金が反映されるのに時間がかかります。

GMOコインの公式サイトにも記載されていますが、振込入金の反映時間の目安は以下の通りです。

GMOコインの入金方法

出典:GMOコイン『振込入金について』

 各金融機関の窓口・ATM等受付
入金受付時間0:00~8:599:00~16:5917:00~23:59
入金反映当日10時半までに反映当日90分以内に反映翌営業日10時半までに反映

注意点として、平日金曜日の18時に振込手続きをしても、GMOコインの取引画面に反映されるのは平日月曜日の午前中になります。

ですから、土日に相場が動きそうだから追加で入金!

としても、入金が反映されるのは月曜日ですから注意しましょう。

また、振込入金の場合、入金手数料がかかります。

即時入金: 無料
振込入金: 振込手数料はお客様負担となります。

引用:GMOコイン『手数料(入出金・取引)』

金里勝
金里勝

金里は以前、振込入金を利用していましたが、振込する度に864円も取られていました。

 

これは痛い出費です。

 

864円あればXRPが約10枚位購入できます。

 

GMOコインに限らず、各取引所の振込入金は手数料が取られしまいますから、この点を踏まえると『振込入金』ができる様に、インターネットバンキングを開設していた方が良いですね。

 

入金反映時間も、振込入金よりも早いですからね。

という様に、振込入金は確かに安心ですが、振込手数料で高額の手数料を取られるのはかなり痛い出費です。

ですから、GMOコインに限らず、取引所の口座開設すると一緒にインターネットバンキングも開設しておいた方が、後々お買い得になります。

参照:【画像付き】GMOコインの即時・振込入金方法(やり方)まとめ!即時なら365日24時間入金可能!

GMOコインの口座開設後にしておくべきこと

GMOコインの2段階認証

GMOコインの口座開設が無事に完了し、入金もできても、まだセキュリティ性が甘いです。

GMOコインはまだ1回もハッキングを受けたことがないほど、セキュリティ性が高い取引所として有名ですが、今後ハッキングされないとは限りません。

ましてや、自分自身の個人情報が洩れるとも限りません。

ですから、自分自身の資産を守る為にも必ず、セキュリティ性を高める為に『2段階認証』はしておきましょう。

2段階認証とは、お客様のみにお知らせするワンタイムパスワード(1回限り有効なパスワード)での認証をすることで、セキュリティを強化する仕組みです

引用:GMOコイン『二段階認証とは』

二段階認証を設定する

とはいっても、2段階認証の設定はほんの数分で完了しますから、サクッと設定しておきましょう。

まず左側にある、『セキュリティ』を選択します。

GMOコインの2段階認証

その後に『パスワード』と『二段階認証』が表示されますので、『2段階認証』をクリックします。

GMOコインの二段階認証

2段階認証は、

  • SMS
  • アプリ:Google Authenticator
  • 電話番号

以上のいずれかで設定することができます。

私自身は『SMS』で設定を行っていますが、多くの取引所を使用している人は、セキュリティ性の高いアプリである『Google Authenticator』を使用して2段階認証を設定した方が良いかもしれませんね。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

GMOコインで口座開設キャンペーン中に登録すると20,000Satoshiもらえる!

GMOコイン

現在、GMOコインでは新規で口座開設をした人を対象に『20,000Satoshi』をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

20,000Satoshi(0.0002BTC)はビットコイン価格が150万円の場合、日本円にして約300円…もらえます!

たかが300円。されど300円。

しかし、ビットコインの価格が今後上昇すればこの20,000Satoshiの価格が上がります!

最大200,000円分のキャッシュバックキャンペーンも実施中!?

GMOコインのキャッシュバックキャンペーン

GMOコインでは20,000Satoshiがもらえるキャンペーンと共に、GMOコインの利用者に、販売所での取引金額に応じて、最大200,000円も返ってくるキャッシュバックキャンペーンを実施されています。

取引額に応じてのキャッシュバック内容は以下の様に記載されています。

販売所での合計取引金額キャッシュバック金額
10万円以上 100万円未満1,000円
100万円以上 300万円未満10,000円
300万円以上 1,000万円未満30,000円
1,000万円以上 2,000万円未満100,000円
2,000万円以上200,000円

GMOコインキャンペーン

GMOコインのキャッシュバックキャンペーンは期間限定であり、

6月1日(土)~7月31日(水)までがキャンペーン実施期間です。

そして、キャッシュバックでもらえる現金は、

8月末頃にプレゼントされます!

この機会にGMOコインからプレゼントをもらっていきましょう!

今なら口座開設するだけで20,000satoshiもらえる!
GMOコインの無料口座開設はこちら

GMOコインの口座開設のQ&A

GMOコイン

GMOコインの口座開設をするにしても、様々な疑問が浮かんでくるかと思います。

例えば、未成年でもGMOコインの口座開設はできるのかや、郵送で自宅に届くのに日数はどの位かかるのかなど。

ここからは、GMOコインに記載されている項目や私の体験談を踏まえて、口座開設の悩みについて紹介していきます。

口座開設まで時間(日数)はどれくらいかかる?
GMOコインの公式サイトには、最短1日で届くと記載されています。

最短で翌日からお取引可能です。
GMOコインでは、お申込みいただいた当日または翌営業日に審査を行うため、最短で翌日からお取引を開始いただけます。
※日数は目安であり、混雑時やお住いの地域により、審査・書類到着までの所要時間は変動します。

引用:GMOコイン

しかし、これはあくまでも『取引』ができる状態になるまでの期間の為、GMOコインのチャートを見るだけなら5分位で完了します。ちなみに『簡単口座開設』のことです。

郵送はどれくらいでくる?
GMOコインのサイトには、以下の様に記載されています。

GMOコインでは、お客様の口座申込の当日〜1営業日以内に審査を実施します。審査完了の翌営業日には書類発送がされるため、最短でお申込の翌営業日からお取引の開始が可能です(※)
GMOコインは、GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、お客様の口座開設までのスピード改善活動を徹底しています。
引用:GMOコイン

最短で翌営業日には届くとのことですが、GMOコインの本社は東京ですので、地方にお住まいの方の場合、1日以上はかかります。私は島根県在住ですが、郵送で届くまでに2日かかりました。それでも他の国内取引所に比べたら断トツで早いかと思います。

口座開設コードって何?
郵送で送られてくるハガキに記載されている6桁の数字のことです。
下記が実際に郵送で送られてきた『口座開設コード』です。1人ずつ専用の口座開設コードは発行されている為、下記のコードは使用できません。
GMOコイン
口座開設のお知らせはいつくる?
郵送で送られてくるハガキに記載されています。
口座開設時に用意する本人確認書類は?

「本人確認書類画像のアップロード」をご選択いただいた場合、ご利用のPCまたはスマートフォンから本人確認書類の画像をアップロードしていただきます。

・本人確認書類は下記のいずれかをご用意ください。
・運転免許証
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・各種健康保険証
・パスポート(日本国が発行する旅券)住民票の写し
・在留カード
・特別永住証明書

引用:GMOコイン

未成年でもGMOコインの口座開設はできる?
残念ながら未成年の方はGMOコインの口座開設ができません。

GMOコインの『口座開設基準』では以下のように記載されています。

口座開設には、下記すべての条件を満たす必要がございます。

1.満20歳以上の個人であること
2.成年被後見人その他の制限行為能力者でないこと
3.日本国内に居住していること
4.登録するメールアドレス又は電話番号が他のお客様のものと重複していないこと
5.外国の重要な公人(外国PEPs)でないこと
6.反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと

引用:GMOコイン

以上がGMOコインで口座開設をするにあたっての、よくある質問です。

その他、疑問に思う点があればGMOコインにお問合せをしましょう。

GMOコインの口座開設ができない時

GMOコインで口座開設できない

GMOコインの口座開設は、世界中の人間全員ができるわけではありません。

先述したGMOコインの口座開設のよくある質問に記載しましたが、口座開設基準は以下の様に記載されています。

口座開設基準

口座開設には、下記すべての条件を満たす必要がございます。

  1. 満20歳以上の個人であること
  2. 成年被後見人その他の制限行為能力者でないこと
  3. 日本国内に居住していること
  4. 登録するメールアドレス又は電話番号が他のお客様のものと重複していないこと
  5. 外国の重要な公人(外国PEPs)でないこと
  6. 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと

引用:GMOコイン

上記の様に記載されていますので、上記に当てはまらない人はGMOコインの口座開設を諦めましょう。

GMOコインの口座開設のまとめ

GMOコインの口座開設について紹介しましたが、他の国内取引所に比べて、最も早く口座開設が完了します。

金曜日の夜に口座開設の手続きをした場合は、GMOコインの休業日を挟むため、口座開設コードが書いてあるハガキは月曜日に届きますが、月曜日~木曜日の間に口座開設の手続きをすれば、お申込みした翌日に口座開設コードのハガキが届くことになります。

また、GMOコインはセキュリティ性が高いことはもちろんですが、他の取引所と併用して使用することで、各取引所の口座開設プレゼントをもらうことができますし、もし万が一使用している取引所がハッキングにあった場合、一定期間日本円を出金できなくなることばかりか、仮想通貨を日本円に返ることもできません。

その点を踏まえると、すでに他の取引所を使用している人も、GMOコインの取引所を1つ口座開設して、リスクを分散させても良いでしょう。

もちろん、初めて国内取引所を口座開設する仮想通貨初心者にとっても、GMOコインは魅力的な国内取引所と言えます。

今なら口座開設するだけで、20,000Satoshi分のビットコインがただでもらえますから、まだGMOコインの口座開設をしていない人は、口座開設しましょう。

今なら口座開設するだけで20,000satoshiもらえる!
GMOコインの無料口座開設はこちら